HOME>アーカイブ>カビの臭いなどを取り除きたい時に役立つサービス
洗濯機

破損した箇所を探す

排水弁やクラッチ部分が壊れてしまい、洗濯機の修理を依頼する事になった際には、まずは全てのパーツの検査を行ってもらう事が重要です。目視では確認できないパーツまで破損している事が分かる場合もあるので、自分で破損に気付いた部位だけ直してほしいと依頼するのは危険です。破損している箇所によって費用は大きく違い、排水弁や給水弁であれば1万4000円から1万9000円ほどで直してもらえます。脱水できない状態になっている時には駆動部やクラッチ部分が壊れている事が多く、2万2000円から3万円ほどでトラブルを解決する事が可能です。乾燥機能が使えない場合にはファンモーターが破損しており、1万8000円から3万2000円ほどで乾燥機能を修復できます。故障したパーツの数が多い場合は割引サービスなどを利用できる場合もあるので、洗濯機の修理を依頼する際にはサービスの違いも確認してください。

汚れの詰まりも取れる

動作に異常が発生している洗濯機を使い続けていると、中に汚れが詰まっている事にも気付けずに、衣類に汚れに移ってしまう場合もあるので修理を依頼してください。洗濯機の修理を依頼する事によって、パーツに付着していたカビなども取り除けて、衣類にカビの臭いがつくのを防げる場合もあります。衣類にカビのような臭いがついていると感じたら、すでに内部のパーツに汚れが付着している可能性を考えてください。機器の動作がおかしくなったと感じた段階で洗濯機の修理を依頼しなければ、パーツが受けるダメージが次第に大きくなって、修理にかかる費用が増える事もあります。出張サービスを利用する事によって、機器を店舗などに持ち込まなくても故障に対処できる事も多いので、時間的に余裕が無い方々でも気軽にサービスを利用する事が可能です。

広告募集中